車離れが加速する?自動車を買う必要がない7つの理由

ビジネス論

あなたは自動車を持ってますか?生活する上で必需品とも言える自動車ですが、本当に必要かどうか考えたことはありますか?
ドライブが趣味という人やそもそも移動手段が限られている地域の方々はまた別ですが、僕のように運転することに特に喜びを感じない人間には高いお金払ってローン組んで100キロで走る鉄の塊を所有する意味がよくわかりません。

そこで、本当に自動車が必要なのか、独断と偏見で自動車を買う必要がない理由を挙げてみようと思います。

 

スポンサーリンク




①とにかくお金がかかる

何と言ってもまずお金がかかりますよね。まず月々のローン返済で2万円〜5万円程度(車種による)で5年程のローン。2年毎の車検で数万円〜10万円。そのほか保険や駐車場や維持費合わせて年間25万円以上もかかります。このお金、他に回したらどんな事が出来るんだろう。

②カーシェアリングで十分間に合う

カーシェアリングは好きな時に好きなだけ好きな車に乗れるサービスです。ガソリン代や保険代も基本料金に含まれているので基本的には別途料金はかかりません。週に1〜2回程しか乗らなくて、遠出も月に回程度、1ヶ月で約35時間の利用と考えてマイカー保有とカーシェアリングを比べると、年間で約25万円〜30万円、10年間で約300万円程が浮きます
300万円すよ!贅沢をしない世界一周旅行なら3回くらい行ける!高級な寿司屋に300回行ける!

<主要なカーシェアリングサービス>

タイムズカープラス
カレコ
オリックスカーシェア
dカーシェア

③時代としてステータスにはならない

高度経済成長からバブルを過ぎるくらいまではマイカーというのは当然のステータスでした。特に高級車を所有することはちょっとした憧れだったのかもしれませんが、世界のスタンダードは変わりました。「高級なものを所有して満足することがダサい」という考え方に変化しています。そんな中まだフェラーリだのランボルギーニだの、そこまでいかなくても日産の新車が欲しいだのトヨタはどうだのと、マジでダサい可能性があるわけです。それよりも爽やかなライフスタイルに何気なくお金を使っている方がカッケェし有意義だなぁと思うわけです。

④自動運転の未来に不釣り合い

自動運転は確実に来るすぐ先の未来です。ほぼ完全な自動運転であるレベル4(最高がレベル5)の実現は2025年と言われていて、東京オリンピックの2020年にはトヨタがレベル4の自動運転車をお披露目すると発表しています。そうなると益々自動車を所有する意味がなくなっていきますから、すぐ先の未来に全く合致していないわけです。

⑤公共交通機関で十分間に合う

田舎の方に住んでいて交通手段としてそもそも自動車がないと困るという方々以外は、恐らくバスやタクシーや電車で本当は十分なんです。特に都内は地下鉄がこれでもかというくらい張り巡らされているので本当にどこにでも行けますし、困ったらUber(日本の場合は今はハイヤーになってしまうけど、今後改善されるでしょう)で良いわけですしね。

⑥徒歩か自転車の方が健康に良い

ちょっとコンビニまでなら徒歩や自転車でも余裕で行けます。むしろ少し遠くても自転車に乗る方が健康にも良いわけです。人間の脳は唯一運動によって活性化しますから、健康だけでなく仕事の効率や豊かな生活にとっても歩いたり漕いだりの方が絶対いいんですよね。

⑦買い物は向こうから来てくれる時代

買い物の時に不便、という声も聞かれますが、今やほとんどの地域のスーパーでも宅配サービスをやっていますし、車代が浮いた分で少し高い有機野菜などの宅配に切り替えたりもできます。既に時代は買い物に行くのではなく届けてもらう時代です。その移動時間も他のことに使えます。車がなければよりゆったりとクリエイティブな生活が送れるのではないでしょうか?

<主要なネットスーパー>

アイワイネット(イトーヨーカドー)
おうちでイオン(イオン)
楽天西友ネットスーパー(西友)
マルエツネットスーパー(マルエツ)
ダイエーネットスーパー(ダイエー)
オイシックス
ビオマルシェ

まとめ

どうですか?今すぐ車生活やめようと思いましたか?(笑)
結構極論で独断と偏見を述べてしまいましたが、自動車は別に悪いものではないと思います。ただ、実際車を持たない選択肢があり、その選択を取った場合客観的にはメリットの方が多いと思うんです。
でもね、隣に大好きな美女を乗せて優雅にカッコいい車で海までドライブ、なんてのにも実はちょっと嫉妬しちゃう僕なのです。

というお話でした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました