飲食店の売れ残りメニューをレスキューする!フードロスを笑顔で解決するフードシェアリングTABETEの魅力

ソーシャルビジネス

先進国の社会問題の一つにフードロスの問題があります。フードロスとは簡単に言うと食べきれずに捨ててしまう食べ物のことです。

日本では年間に621万トンの食品ロスが発生していて、毎日1人がご飯一膳分をゴミとして捨てている計算になるのですからとんでもない量です。

その中でレストランなどの飲食業界が廃棄している分は120万トンにもなります。

このフードロス問題を解決すべく「余ってゴミになってしまう食べ物をみんなでシェアしよう」というサービスのことをフードシェアリングと言います。

フードシェアリングにはいくつかサービスがありますが、その中でも飲食店に特化した画期的なサービスを展開しているのがTABETE(株式会社コークッキング)というサービスです。

TABETE

TABETE(タベテ) | 近くの飲食店でフードロスをお得にレスキュー
すべての食事には、つくった人の気持ちが込められている。そんな「食べて」の想いを最後まで「食べ手」まで届けるのが、TABETEの役割です。

川越一磨社長とは一度お茶をさせていただきましたが、恰幅の良い恵比寿様のような笑顔の方でした(見た目より実年齢がめっちゃ若くてびっくりしました)。

さて、ステキなTABETEというサービスについてご紹介します。

スポンサーリンク




ゴミになってしまう美味しい料理を安くレスキュー(購入)する

(TABETE ホームページより抜粋)

TABETEはレストランやカフェなどの飲食店で売れ残ってしまった美味しい料理を、一般の消費者が相場よりも安く購入することができるサービスです。

TABETEでは「購入する」ではなくて「レスキューする」という呼び方をしているのも興味深いです。この呼び方にすることでフードロス問題に関わっているという実感が湧きますよね。

飲食店は廃棄をなくすだけでなく、本来捨てられるはずだった料理がレスキューされる(売れる)ので、無いはずだった利益も産みますし、廃棄する際の回収費用も減らすことができます。更にエコな社会貢献を行なっている飲食店として店舗のイメージも上がりますからまさに言うことなしです。

また、TABETEは飲食店の導入費用は無料で、売れた場合のみ売り上げから35%の手数料が発生します。

35%というと高く聞こえるかもしれませんが、本来なかった利益ですし、廃棄回収費用削減にもなることなども考えると安いくらいだなと個人的に思います。

「フードロスが減る、店舗の利益のなる、安く購入できる」の三方よしのサービスです。

更に利益を子どもの貧困支援へ活用している

(TABETE ホームページより抜粋)

TABETEは三方よしだけでなく、その利益の一部を子どもの貧困支援に寄付しています。

フードロス問題を解決するあなたの消費行動が実は日本の子どもの貧困問題にも寄与していることになるステキなサービスなんです。

現在はいくつかの子ども食堂運営者を支援されているようですが、このサービスが全国に早く広がるといいなと思います。

苦労した飲食店探し、手数料35%の壁

都内を中心にどんどん加盟店が増えているTABETEですが、リリース直後は登録してくれる飲食店さんが少なくて大変苦労されたようです(飲食店さんに対する営業については僕も人ごとでは無いので、ここら辺の苦労はめっちゃ共感します)。

まず利用料が無料とはいえ、販売できた場合の手数料35%が壁として立ちはだかったそうです。

「は?35%?舐めてんの?」みたいな飲食店さんも多かったそうなんですね。

これは、飲食店さんが悪いのではなくて、営業としての伝え方が悪かったのだと思います。冷静に考えたらメリットが多いことに気がつくのですが、飲食店からすれば「せっかく売れた料理から3分の1以上を手数料で取られたらやってられない」というところにしか意識がいかなくなっちゃうんですね。

飲食店は本当に薄利の商売ですから、飲食店オーナーさんのほとんどが利益部分に敏感なんです。

メリットを数字に落とし込んだ説明方法で加盟店が増えた

よく考えれば「もともとゴミになっていたもの」が「売れて利益になる」のですからメリットしかありませんが、そこに着目させるにはどうすれば良いのか?そこで考えたのが「廃棄する際の回収費用」です。飲食店は普通のお家で出るゴミの量をはるかに超えているので、専門の業者にゴミ回収をしてもらっています。ここに着目し、「手数料は35%かかりますが、その分ゴミ回収費用が削減できるので利益になる」という論理にすり替えたんですね。そうすると不思議と納得してくれるオーナーが増え、本来のメリットにも目を向けてくれるようになったんだそうです。

本当に視点の変え方や伝え方って重要なんだなと思います。

社会的なインフラになることが課題

(TABETE ホームページより引用)

この素晴らしいTABETEのサービスですが、まだ登録店舗数が300店舗ほど(今はもう少し多いかも)となっていて、使える店舗もほとんどが都内となっています。

飲食店で売れ残ったものを買うという事はほとんどの場合1日のかなり遅い時間になりますから、自宅の最寄り駅の近くにある店舗でなければなかなかサービスを利用しづらいという現実があります。

個人的にはそういった郊外のベットタウンのような地域にこそこのサービスが浸透しなければ爆発的に利用者が増える事はないでしょう。逆にいえばそこまでサービスが浸透すればフードシェアリングは飲食業界の当たり前となり、更に消費者の当たり前にもなって、お気に入りの店舗でのレスキューが楽しくなるところまで到達できます。つまり、インフラとして機能し始めるわけですね。

まとめ

社会的に必要とされているサービスだからこそ、できるだけ早く社会インフラとして認知されることを願っています。

自分の住んでいる町の殆どの飲食店でこのサービスがあったらちょっと素敵じゃないですか?

あなたも今日の帰りから「そう言えば近くの店舗でレスキューできないかな?」とTABETEを覗いてみてはいかがでしょうか?

というお話でした。

TABETE

スポンサーリンク
TABETE(タベテ) | 近くの飲食店でフードロスをお得にレスキュー
すべての食事には、つくった人の気持ちが込められている。そんな「食べて」の想いを最後まで「食べ手」まで届けるのが、TABETEの役割です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました